第12回全国大会 優勝者インタビュー(小学5・6B部門)

ご参加部門:小学5・6B部門
お名前  :河原 紗希さん
演奏曲  :インヴェンション 第14番 変ロ長調 BWV785




Q1:日本バッハコンクールを受けようと思ったきっかけは、なんですか?

バッハコンクールは定期で挑戦していた事とお勉強している曲が課題曲になる
コンクールがあったから今回はまさに「そこにコンクールがあったから」出場を決めました。

Q2:課題曲を練習されてみて、いかがでしたか?

複数の声部からなるポリフォニー音楽の形式を右手、左手、両手が弾けるだけではなくどのテーマをどのように弾くかを考えて練習してきました。
あらゆる角度から自分の音楽を見直し見つめお勉強できた事が良かったです。
Q3:全国大会当日の様子、ご感想をお聞かせください。

コロナ禍で感染拡大の渦中だったため直前まで出場を迷いました。
そんな中家族が感染をさけて一日がかりの車移動を選択し連れて行ってくれた事、出場するにあたって熱心な指導で力をかしてくれた先生。
応援してくれた音楽仲間のお友達。また会場での感染対策や対応が素晴らしかったスタッフの皆さん。
すべての方に感謝して演奏しました。
とても緊張しましたが素敵な会場で演奏できた事が一番良かったです。
Q4:第1位を受賞された時のご様子、ご感想をお聞かせください。

実は演奏できた事で満足してしまい家族全員、表彰式の事を忘れていました。
アーカイブで確認してとにかくビックリしました。
聞いてくれた方に自分の音楽を伝える事ができたのかな?っと、とても嬉しかったです。
Q5:今後の目標を教えていただけますでしょうか?

現状、挑戦中のコンクールもあるのですが今までがむしゃらに走ってきたので 今後は少しペースを落として新たに再スタートをしようと思っています。
自分の音楽を見直し自分の伝えたい事をどう表現していくか 今後もお勉強と努力し挑戦していければと良いなと思っています。

【お写真】
【演奏動画】

⇒他の部門の優勝者インタビューはこちらから

公式Facebook

コンクール記録

■2021年度  第12回を振り返って
■2020年度 第11回を振り返って
■2019年度 第10回を振り返って
■2018年度 第9回を振り返って
■2017年度 第8回を振り返って
■2016年度 第7回を振り返って
■2015年度 第6回を振り返って
■2014年度 第5回を振り返って
■2013年度 第4回を振り返って
■2013年度 第3回を振り返って