第12回全国大会 優勝者インタビュー(中学生B部門)

ご参加部門:中学生B部門
お名前  :中尾 鴻さん
演奏曲  :フランス組曲 第3番 ロ短調 BWV814 アルマンド、ジーグ




Q1:日本バッハコンクールを受けようと思ったきっかけは、なんですか?

東京で行われる全国大会に行きたい!と思った事です。

Q2:課題曲を練習されてみて、いかがでしたか?

バロック時代に作曲され、作曲者がどんな気持ちでどんなイメージで演奏したのか、また演奏者に何を望むのかは勉強不足ですが、 バロック時代の曲を、今の時代のピアノで演奏するために、テンポ、音色、表現方法などを試行錯誤しました。
未だに何が正しいのか解釈の仕方によって違うので、とても奥深く難しかったです。
Q3:全国大会当日の様子、ご感想をお聞かせください。

東京が初めてだった事もあり、何もかも新鮮でした。 このような素晴らしいホールで演奏経験が出来る事を嬉しく思っていたので、いつもの自然体でいたのを覚えています。

Q4:第1位を受賞された時のご様子、ご感想をお聞かせください。

えっ?嘘だろ?!としか思えませんでした。金賞が貰えて、その上、まさか自分が1位をとるなんて考えてもみなかったので、にわかには信じられませんでした。
時間が経つに連れ、嬉しさが込み上げてきました。

Q5:今後の目標を教えていただけますでしょうか?

テクニックはもちろんですが、人の心に残る多種多様な表現が響き(感動)として届けられるようになりたい!
型に捉われすぎず、自分らしい演奏が出来るように、どんな曲でも自分の物にしていけたらいいですね。
今まで御指導して頂いた先生方やサポートしてくれている家族にも感謝を忘れず、チャレンジして行きたいです。


【お写真】
【演奏動画】

⇒他の部門の優勝者インタビューはこちらから

公式Facebook

コンクール記録

■2021年度  第12回を振り返って
■2020年度 第11回を振り返って
■2019年度 第10回を振り返って
■2018年度 第9回を振り返って
■2017年度 第8回を振り返って
■2016年度 第7回を振り返って
■2015年度 第6回を振り返って
■2014年度 第5回を振り返って
■2013年度 第4回を振り返って
■2013年度 第3回を振り返って