【答え】第6回バロッククイズ

2016年10月1日土曜日

◆バロッククイズ―第6問

バロック時代、ピアノができる前には、チェンバロが鍵盤楽器の主流であったということは皆さんご存知の通りです。

ではずばり、チェンバロはどちらでしょう?
























◆正解は...◆








こちらでした。





16世紀初頭にイタリアで生まれ、その後フランスやドイツ、イギリスに広まったチェンバロは、鍵盤を押すと、細長い棒状のジャックにとりつけられた爪が弦をはじいて音を出す仕組みです。

もう一つの方はクラヴィコードと言って、弦をたたいて音を出す仕組みです。音はとても小さいですが、チェンバロよりも細かいニュアンスがつけられるため、J.S.バッハはとても好んで弾いていたという文献も残っています。







バッハコンクールに申し込む方はこちらから








こちらの記事も読まれています

公式Facebook

コンクール記録

■2019年度 第10回を振り返って
■2018年度 第9回を振り返って
■2017年度 第8回を振り返って
■2016年度 第7回を振り返って
■2015年度 第6回を振り返って
■2014年度 第5回を振り返って
■2013年度 第4回を振り返って
■2013年度 第3回を振り返って