【答え】第3回バロッククイズ

2016年9月13日火曜日

第3問

バロック期の音楽でよく言われる強弱法は「テラス型デュナーミク」。では「テラス型デュナーミク」とはどのような強弱法でしょうか?



��1)ロマン期以降の強弱法より一段階小さいことをいう。例えば、ロマン期のf(フォルテ)はバロック期のmf(メッゾフォルテ)の大きさ。

��2)「だんだんと」強弱を変えるのではなく、階段のように強弱を変える方法。














◆正解は...◆



(2)「だんだんと」強弱を変えるのではなく、階段のように強弱を変える方法。



ロマン期以降の鍵盤楽器のように「だんだんと」という強弱をつけることが難しかったため、チェンバロなどの楽器では「ストップ(レジスター)」と呼ばれる、音色や同時になる音数を変えるしくみがあり、それを使ってデュナーミクをつけていました。



もっと知りたい人はこちらをチェック!



バッハコンクールに申し込む方はこちらから






こちらの記事も読まれています

公式Facebook